農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 農業法人化による節税

農業法人化による節税のサポートについてcompany

法人化による節税のしくみ

サンプルイメージ

法人を設立して、法人から給与(役員報酬)を得るという形式をとることにより、個人事業の場合と比べて、主に下記のようなメリットが生じます。

1.役員報酬は会社の経費として計上できる。さらに、給与所得控除を受けることができる。
2.設立後、2年間は消費税が免除される。
3.社会保険に加入することができ、家族の国民年金や国民健康保険の負担をなくすことができる。

ただし、法人化による節税メリットが生じるかどうかは、事前にシミュレーションしたうえで現状と比較する必要があります。(必ずしも節税できるとは限りません)

当サポート事務所では、まずお客様の現況をヒヤリングしたうえで、法人化によるメリット・デメリットをご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。

ページトップへ戻る

合同会社の設立による法人化

サンプルイメージ

「初期費用を最小限に抑えたい」、「営農の拡大よりも維持を目的としている」という場合は、合同会社の設立が適切です。

合同会社は、株式会社に比べて下記のようなメリットがあります。
1.法規制が少ないため、自由度の高い会社を作れる。
2.決算時に作成しなければならない書類が少ない。
3.設立時の登録免許税が6万円。(株式会社は15万円)

なお、合同会社は株式会社と同様に、出資した金額のみが会社の責任財産になるので、会社の債務を無限に責任負担することはありません。

これに対し、合同会社のデメリットとして挙げられるのは、信用力が低いということです。知名度の低さが大きな原因なのですが、取引先や金融機関としては、株式会社のほうが安心できるという面があります。

当サポート事務所では、お客様の目的に応じて、法人化を計画されている段階からご相談させていただきます。もちろん、設立手続きや以後の法務についてもサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。

ページトップへ戻る

株式会社の設立による法人化

サンプルイメージ

「事業を拡大していきたい」、「対外的な信用力を得たい」という場合は、株式会社の設立が適切です。

平成17年度の会社法改正により、株式会社も資本金は1円で設立できるようになるなど、会社を作りやすくなりました。
なお、株式会社は出資した金額のみが会社の責任財産になるので、会社の債務を無限に責任負担することはありません。

合同会社に比べると法規制が多く、何かと手間隙かかりますが、金融機関に対する信用などは株式会社のほうが有利といえます。

当サポート事務所では、お客様の目的に応じて、法人化を計画されている段階からご相談させていただきます。もちろん、設立手続きや以後の法務についてもサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.