農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 農地の権利移転

農地の権利移転のサポートについてremoval

農地の権利移転(農地を売買する、貸し借りする等)

サンプルイメージ

農地を売買したり、貸し借りなどをする場合は、原則として農地法3条に基づき、管轄の農業委員会の許可が必要になります(相続・合併の場合は届出となります)。

この許可を申請するにあたり、大きく二つの条件があります。
1.農地を買う(借りる)人が、権利設定時に合計で50アール以上(自治体により大きく異なり、20アール程度の場合もあります)の農地に対して権利を持つことにならねばならない。
2.営農に関する計画を立てなければならない。

上記の条件をクリアすることを証明するため、農地の売買契約書や賃貸借契約書、および営農計画書など、必要な書類を揃えていく必要があるのですが、契約書は勿論のこと、計画書についても細かな記載内容が多いうえ、場合によっては農業委員会との打ち合わせが必要になることもあり、相当の手間隙がかかります。

また、申請に必要な書類が多いため、農業委員会での審査期間も3週間程度かかります。

これに対し、相続や合併による農地の承継の場合は、農業委員会への届出となります。許可の申請と比べると必要書類も少ない手続きにはなりますが、届出を怠った場合は10万以下の過料に処せられる場合がございます。

当事務所では、お客様の要求に的確にお応えできるよう、農地の権利移転を計画されている段階からご相談させていただきます。もちろん、申請書類の作成や周辺の手続き、農業委員会など行政機関との折衝、および申請の代理もサポートさせていただきます。登記簿謄本の取得代行サービスについてはこちら

農地に関わる法律や各種制度は非常に複雑で、御自身では解決できない場合も多々ございます。お気軽にお電話ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。

農地の転用(自分の農地を潰して家などを建てる等)についてはこちら

農地転用のための権利移転(家などを建てるために他人の農地を売買する、貸し借りする等)についてはこちら

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.