農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > ソーラーシェアリングに対する農地転用の一時許可について

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に対する農地転用の一時許可solar sharing

滋賀県にて営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)一時転用許可申請を取得しました

サンプルイメージ

奈良県に引き続き、滋賀県にて営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)に係る一時転用許可申請を取得いたしました。

滋賀県では既に数件の一時転用許可が発効されていたため、奈良県と比較すると非常にスピーディな審査がなされ、申請から2ヶ月弱で許可を取得できました。

また、今回の申請における営農作物は「原木シイタケ」であったため、近畿圏において許可実績のある作物であったことも審査が早まった一因と考えられます。

とはいえ、準備すべき資料やデータが膨大であることに変わりはありません。今回も施主様および太陽光設備の販売施行業者様によるご協力のもと、三位一体となって取得することができた許可であると思われます。

なお、今回の申請で印象的だったのは、耕作放棄地であった施主様の農地が、営農型太陽光発電を機に農業を再開されるという点で、農業委員会事務局においても歓迎ムードがあったという部分です。

農地を恒久的に転用して太陽光発電設備を設置するスタイルは、農地を減らすという点で農政上は好ましくありませんが、ソーラーシェアリングは営農継続が条件のため農政へのマイナス面は無いばかりか、近年問題とされている耕作放棄地の対策にも一役買っているのです。

そして、農業地の上空を単に利用しているという点では土地の有効活用であり、事業者にとっては農業と発電事業の収益を得ることができるのです。

今後、ソーラーシェアリングの注目度は上がってゆくことが予想されます。その前に立ちはだかる一時転用の許可はハードルの高い許可申請となりますが、本気でソーラーシェアリングをご検討の方には、精一杯サポートさせていただきます。
(一時転用許可の実績を持つ太陽光発電設備の設計施工業者様をご紹介することも可能です)

営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)一時転用許可申請の事例紹介はこちら

ページトップへ戻る

奈良県下で初めての営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)一時転用許可申請を取得しました

サンプルイメージ

今般、奈良県では初めてとなる営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)に係る一時転用許可申請を、当事務所にて取得いたしました。

ソーラーシェアリングは、農業と太陽光発電事業を両立できる非常に画期的な発想でありながら、農地法の規制により一時転用許可申請が必要とされています。

しかしながら、この一時転用許可申請については全国的にも実績が少なく、今回奈良県にて取得した許可も近畿圏において初めてではないかと言われたほどです。

そのため、ソーラーシェアリングに関心をお持ちの農家の方から、「一時転用の許可は本当に取れるのでしょうか?」というお問い合わせを頂くこともありました。

今回の一時転用許可申請を取得したことにより、当事務所はソーラーシェアリングを検討されている方に朗報をもたらすことができたと思っております。

ただ、一時転用の許可を取得するためには、詳細かつ多くの資料やデータを要求されるため、相当の時間と苦労がかかります。
また、一時転用許可申請の鍵となるのは「営農計画」に関する部分であるため、信頼性の高い農業関係者や公的機関の協力が必要になる場合があります。

そして、発電設備がその「営農計画」を達成できる設計になっているかどうかも審査において重要なウエイトを占めているため、太陽光発電設備の設計・施工の方の協力も欠かせません

通常の農地転用申請と比べるとハードルの高い許可申請となりますが、本気でソーラーシェアリングをご検討の方には、精一杯サポートさせていただきます。
(一時転用許可の実績を持つ太陽光発電設備の設計施工業者様をご紹介することも可能です)

営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)一時転用許可申請の事例紹介はこちら

ページトップへ戻る

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に対する農地転用の一時許可について

サンプルイメージ

平成25年3月31日、農地に長い支柱を立てて農地の上空に太陽光パネルを設置し、農業と太陽光発電を両立する手法である「ソーラーシェアリング」に対する農地転用許可制度の取扱について農林水産省から発表がありました。

その中で、ソーラーシェアリングを実施する場合は、農地法に基づく一時転用許可が必要とされており、3年間という期限付き(更新可能)というものとされています。なお、この発表内容は、農用地区域内農地、甲種農地、第1種農地を対象とされていますが、農林水産省に問い合わせたところ、第2種、第3種農地も対象にしているとの回答を得ております。

つまり、通常は太陽光発電を目的とした転用は認められない農用地区域内農地、第1種、甲種農地であっても、一時転用の許可を取得すればソーラーシェアリングに取り組むことが可能であり、また、一時転用であれば農用地区域内農地の農振除外手続きをする必要がないので、農地の有効活用手段として非常に期待が高まっております。

なお、ソーラーシェアリングの(一時)転用許可の審査基準として、一般的な基準の他に、以下のような新たな基準や条件が加わっています。
・転用期間は3年以内であること(更新可能)
・太陽光の支柱が簡易な構造で容易に撤去でき、太陽光設備の占有面積が必要最小限かつ適正であること
・農地の適切な営農が確実で、作物の生育に適した日照量を確保でき、かつ農作業に必要な機械などを効率的に利用できるだけの空間を確保していること
・周辺農地の営農に支障を及ぼさないこと
・太陽光発電設備の撤去に必要な資力および信用があること
・農地部分の生産状況を毎年報告し、必要な知見を有する者の確認を得ること
・農地の営農が確保されないと見込まれる場合は、必要な改善措置を迅速に講じること
・太陽光設備を改築または廃止する場合は遅滞なく報告すること
・農地での営農が行われない場合または太陽光発電事業を廃止する場合は、設備を速やかに撤去し、農地として利用できる状態に回復すること

申請時に必要な書類についても、太陽光設備の設計図や営農計画書、営農への影響に関する意見書などが新たに必要とされています。

特に、営農計画書と意見書はソーラーシェアリングの一時転用許可申請でも非常に重要な書類であり、これらの書類に記載した内容を根拠付ける資料も求められるため、入念な準備が必要となります。

なお、(一時)転用が許可された後、期間満了前に上記の基準や条件をクリアしている場合は、転用期間の更新が可能とされています。その際は再度、一時転用許可の申請が必要となります。

当サポート事務所では、お客様のご意向に的確にお応えできるよう、農地への太陽光発電設置を計画されている段階からご相談させていただきます。もちろん、申請書類の作成や周辺の手続き、農業委員会など行政機関との折衝、および申請の代理もサポートさせていただきます。登記簿謄本の取得代行サービスについてはこちら

農地に関わる法律や各種制度は非常に複雑で、御自身では解決できない場合も多々ございます。お気軽にお電話ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。

営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)一時転用許可申請の事例紹介はこちら

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.