農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 農地への太陽光発電設置

農地への太陽光発電設置についてsolar panel

全国対応! 太陽光発電設置を目的とした農地転用申請書類の作成サポートを始めました

サンプルイメージ

御自身が所有されている農地、もしくは第三者が所有している農地に太陽光発電を設置することを検討されている方の中で、農地転用についてお悩みの方から全国問わず、お問い合わせを頂いております。
そこで当事務所では、全国の方を対象に、農地転用に必要な書類の作成サポートをさせて頂くことにしました。(ただし、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を除きます)

農地を転用する際は、転用予定農地を管轄する市町村の農業委員会で、転用可能な農地かどうかを確認し、可能ということであれば申請書類一式を作成して、農業委員会に提出するという流れとなります。
当サポート内容は、農業委員会への訪問など申請地にて必要な事項はご依頼者様にしていただき、申請書類(当方で作成可能な書類)については当事務所が作成するというサービスです。

当サポートの詳細、注意事項についてはこちら

当サポートの費用についてはこちら

農地への太陽光発電設置について

サンプルイメージ

御自身が所有されている農地、もしくは第三者が所有している農地に太陽光発電を設置したいというお問い合わせを多数頂いております。

このような場合、該当の農地が都市計画法上の「市街化区域」であれば農地法4条もしくは5条による届出をすることにより、特に問題が無ければ約1週間で届出の受理通知書が交付され、農地法による制約はなくなります。

これに対し、該当の農地が都市計画法上の「市街化調整区域」であれば農地法4条もしくは5条による許可の申請が必要(農地の種別によっては転用不可能)となり、審査の期間も1ヶ月~2ヶ月と長く、問題があれば許可されないこともございます。
ソーラーシェアリングに対する農地転用の一時許可について

また、太陽電池モジュールのみを設置する場合は都市計画法上の開発行為に該当しないため、都道府県知事等への開発許可申請は必要ないのですが、モジュールに加えて付帯設備を設置する場合、その設備の内容や設置状況によっては開発許可申請が必要になる可能性がございます。

当サポート事務所では、お客様のご意向に的確にお応えできるよう、農地への太陽光発電設置を計画されている段階からご相談させていただきます。もちろん、申請書類の作成や周辺の手続き、農業委員会など行政機関との折衝、および申請の代理もサポートさせていただきます。登記簿謄本の取得代行サービスについてはこちら

農地に関わる法律や各種制度は非常に複雑で、御自身では解決できない場合も多々ございます。お気軽にお電話ください。近畿一円、出張対応もさせていただきます。
農地転用による太陽光発電設置の事例紹介はこちら

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.