農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > トピックス2

トピックス2topics2

農地で太陽光発電の研究《2013年3月7日 日本経済新聞》

兵庫県姫路市で、フジプレミアム社と姫路市が共同で、農地での太陽光発電事業の研究を始めました。

太陽光パネルを農地に設置しても作物の成長に支障が出ない仕組みを研究して実用化し、全国の農地での事業化を目指しています。

パネルには自動的に太陽を追跡するシステムを導入しているため、発電量は一般的な固定型を比べ1.5倍にもかかわらず、設置面積は約20分の1となり、非常に効率的。

今後は実用化に向けて、太陽光発電の設置による作物の収穫量の調査や、システム関連費用のコスト削減に取り組む予定。

ページトップへ戻る

太陽光エネルギーの買い取り価格を見直し《2013年3月12日 日本経済新聞》

政府は、太陽光エネルギーの買い取り価格を見直す方針を決めました。太陽光以外の再生可能エネルギーの買い取り価格を据え置くことで、太陽光発電の普及速度を抑制し、再生エネルギー全体のバランスを取ることが目的です。

新価格案は、住宅用の10キロワット未満が38円、事業用の10キロワット以上が37.8円に下がる見通し。

太陽光発電の爆発的な普及は太陽甲設備の初期コスト削減に寄与したが、電力インフラの整備が追いつかないうえ、再生エネルギーの電量代金を間接的に負担する企業や家庭への影響があるためです。

ページトップへ戻る

企業の農地取得などの規制緩和など提言《2013年4月19日 日本経済新聞》

政府の産業競争力会議の民間議員が纏めた農業の成長力強化策の提言で、企業が農地を自由に取得できる規制緩和や、農業生産法人への出資規制の撤廃が求められました。

TPPの交渉参加を控え、農業の競争力強化を狙う目的ですが、企業参入を懸念する農業関係者との攻防が予想されます。

民間議員の提言の中心は、企業が自由に農地を所有できるようにする点です。現状では企業は農地を直接購入できず、期間付きでリースする方法によるため、長期的な経営戦略が立て難い欠点があるからです。

また、農地を所有できる農業生産法人の認可基準や既存の農業生産法人への出資制限などの緩和も求めています。

ページトップへ戻る

固定価格買取制度で中規模設備が本格普及《2013年4月23日 日本経済新聞》

太陽光発電協会によると、発電量1メガワット以上のメガソーラー設備だけでなく、企業や自治体が遊休地を活用した10キロ~1メガワット程度の中規模設備が格段に増加したとのことです。

2030年までに太陽光発電による発電量は100ギガワットまで拡大すると見られており、日本全体の総電力需要の10%を占めると試算されています。

ページトップへ戻る

耕作放棄地を強制集約《2013年4月24日 日本経済新聞》

政府は、農業の競争力強化に向けた改革案として、放置された農地を都道府県が強制的に借り上げ、集約して農業生産法人などに貸し出す制度を来年度にも導入すると発表しました。

農地全体の1割に達してしまった耕作放棄地を解消するとともに、TPP交渉を踏まえた農業の競争力確保が狙いです。

都道府県が設立する農地中間管理機構(仮称)が個人から農地を強制的に借り受けて周辺農家に貸したり、借り上げた農地を集約させて農業生産法人にまとめて転貸するという案も挙がっております。

ページトップへ戻る

若手農家 10年で2倍に《2013年5月30日 日本経済新聞》

政府は6月の成長戦略で打ち出す数値目標において、10年後には40歳代以下の農業従事者を倍増の40万人と掲げました。

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を見据えた国内の対策づくりと連動しており、具体的には都道府県ごとに「農地中間管理機構(仮称)」を設けて農地の貸し借りや区画整備をし、効率的な農業寄与するなど。また、農業生産法人も4倍の5万法人に増やす方針です。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.