農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > トピックス3

トピックス3topics3

メガソーラーを証券化《2013年6月3日 日本経済新聞》

半導体検査メーカーのインターアクションは、中国の企業と共同で大規模太陽光発電事業の証券化に乗り出します。

将来の事業譲渡を視野に入れており、この仕組みが定着すればメガソーラーへの参入が増える可能性があると見込まれています。

同社は中国企業と合同でメガソーラーを設置し、みずほ信託銀行と信託契約を結んで土地と設備に受益権を設定。これにより事業を売却する際は受益権を売買するだけで土地や設備に関する登記の変更は必要ないことになります。

ページトップへ戻る

太陽光発電の売電先を拡大《2013年6月5日 日本経済新聞》

政府は、太陽光発電による売電先を周辺の工場やマンションに販売できるよう規制を緩める方針を出しました。
現状では出力が不安定なため認められていませんでしたが、蓄電池との組み合わせにより安定させることで販売を可能にすると見込んでいます。

今年度中に電気事業法で定めた審査基準などを見直す方針。

規制を緩和するのは「特定供給」と呼ばれる仕組み。
従来の仕組みでは太陽光で作られた電気を、電力会社を通さずに供給することは不可能だったが、自家発電を地域単位で有効活用したいという企業の声もあり、今回の規制緩和の検討に結びついたようです。

ページトップへ戻る

農地集約で生産性向上《2013年6月24日 日本経済新聞》

政府は、2020年に農林水産物の輸出額を1兆円に拡大する目標を打ち出しました。
米の生産コストを4割減らし、法人経営数を5万法人にするなど、10年間で農業・農村全体の所得を倍増させるというものです。

この戦略の目玉は、放置された農地を都道府県が借り受け、整備・集約して農業生産法人に貸し出すという新制度です。
TPPの本交渉入りをにらみ、生産性の高い大規模農業への転換を目論んでいます。

具体的な方法としては、都道府県が設立する「農地中間管理機構(仮称)」が個人から農地を借り受け、集約して、農業生産法人などに転貸する案が挙げられています。

ページトップへ戻る

農業の担い手 企業が名乗り《2013年6月26日 日本経済新聞》

関西企業の間で農業を活用する動きが強まっています。

自社製品の原料となる農産物の生産を手掛けたり、製品のユーザー拡大のために農機メーカーが参入するケースなどが目立っているそうです。

関西圏には農家の高齢化などで生産に使われていない耕作放棄地が多いため、自治体も企業の参入を促進する制度を設けており、企業が近畿農業の新たな担い手を生み出す可能性も出てきました。

ページトップへ戻る

太陽光の稼動 1割程度《2013年8月21日 日本経済新聞》

経済産業省が2012年度の再生可能エネルギーの導入状況を発表しました。

太陽光発電の新設計画は2011年度までの国内の発電能力の5倍に達したものの、これはあくまで固定価格買取制度の申請件数をもとにしたデータであり、実際に太陽光発電が稼動しているのはその1割程度というものです。

太陽光の2012年度の買取価格は42円/kwhであり、2013年度には買取価格が下落することが予想されていたため、2012年度中に駆け込み的に申請した業者が多いとのこと。

中には、所有権の無い土地で申請し、売電の権利だけを転売するブローカー(仲介業者)の存在を報告する事例もあります。

なお、経済産業省は、稼動開始の遅れの主な原因として、太陽光パネルの需要急増で、調達に時間が掛かっていることを挙げています。

ページトップへ戻る

農地の賃借を容易に《2013年8月23日 日本経済新聞》

政府は規制改革会議を開き、農林水産省から新たな農地集約策の検討状況を聞き取りました。

農林水産省は、農地集約の施策を盛り込んだ法案を国会に提出する方針で、都道府県が新設する農地中間管理機構が認めれば、地域の農業委員会の許可が無くても農地の賃借を可能にし、耕作放棄地を減らすとともに、農地の規模拡大で農業の競争力を高めることを目論んでいます。

これまでは地域の農業委員会の許可が無ければ農地の貸し借りはできなかったため、法人や地域外の農家が農地を借りることが難しく、企業参入や農地の大規模化が進んでいませんでした。

農地中間管理機構が耕作放棄地を借り受けて集約し、整備したうえで大規模農家などに賃貸することが可能となれば、農業の生作効率が良くなり、海外の農作物に対する競争力も高まることでしょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.