農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > トピックス4

トピックス4topics4

2018年に減反廃止が決定《2013年11月27日 日本経済新聞》

政府は11月26日、主食米の価格維持のための生産調整(減反)制度を廃止することを決定しました。実に40年以上続いてきたコメ政策が大きく転換することになります。

これを受けて、農業生産法人や大規模農家は米の増産に動き出しており、並行して中小の農地や耕作放棄地の集約も進めているそうです。意欲的な農家には朗報といえるでしょう。

ただ、制度改革の課題は多く、農業生産法人の規制緩和や地元との結束力が強い農業委員会の組織の見直しが必要とされています。

ページトップへ戻る

太陽光発電向けの融資拡大《2014年1月6日 日本経済新聞》

地方の金融機関が動産や売掛金を担保として融資を実行する制度の拡大に向けて、太陽光発電の事業者向け融資に力を入れています。

安定した売電収益を担保にすることで、資産の少ない中堅・中小企業にも融資をしやすいという利点があります。

また、太陽光パネルを山間地などの担保価値の低い土地に設定する場合は、土地を担保に取って融資する従来のスタイルでは対応できなかったため、売電収益を担保にする方法が有効となります。

ページトップへ戻る

外資系が売電収入保証《2014年2月26日 日本経済新聞》

外資系の太陽光発電関連企業(ジンコソーラー、トリナソーラー(中国))が日本の商社と提携して、売電収入を保証する保険付きのパネルを販売を開始します。

大規模太陽光発電所(メガソーラー)など産業用の施設が自然災害で破損した場合に機器の損失を補償するほか、稼動停止中の売電収入も補填するという商品です。

また、コナジソーラー(ドイツ)は、日照不足で発電量が上がらない場合などに、売電収入の9割を補填するという商品も。年間保険料は設備建設費の約1%。

メガソーラーを対象とした内容となっていますが、中小型の事業用太陽光発電にも展開される日が来るかもしれません。

ページトップへ戻る

農地集約へ農業委員会を改革《2014年3月2日 日本経済新聞》

政府は農地の売買や賃貸借の許可権限を持つ市町村の農業委員会について、その構成員である農業委員を選出する制度を2016年度にも変える方向で検討します。

現状の農業委員会は地元の農業委員で構成されていますが、これが閉鎖的な地場の結束を生み、新規参入の障壁とされているためです。

農業委員会に地元農家以外の声も取り入れ、農地の流動化を進めて大規模化を促す制度が検討されるようです。

ページトップへ戻る

東急不動産 農地を再生《2014年3月5日 日本経済新聞》

東急不動産は、耕作放棄地の再生事業に乗り出しました。まず千葉県で未開発の農地を含む80ヘクタールを3年かけて再整備し、作物を栽培できる状態にしてから地元の農業生産法人に譲渡するとのこと。

現状、全国で約40万ヘクタールの耕作放棄地が存在するといわれており、流通業や外食産業等の大手企業が農地再生、活用に取り組むケースが増加することが見込まれます。

ページトップへ戻る

2014年度の太陽光発電買取価格は税込み36円台《2014年3月7日 日本経済新聞》

経済産業省は、2014年度の太陽光発電による固定価格買取単価を、税込みで36円台/kwにする方向で最終調整に入りました。

また、税方式もこれまでの外税方式から内税方式に変更される見通しのため、その場合は税率が変わっても買取金額に影響しないことになります。

税抜き価格で比較した場合、2012年度は40円/kw、2013年は36円/kwと変更され、2014年度は上記見通しであれば33円台/kwということになります。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.