農地移転・農地転用手続きのことなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > トピックス5

トピックス5topics5

太陽光の設備確保は認定から半年以内に《2014年3月13日 日本経済新聞》

経済産業省の有識者会議で、太陽光発電の事業者へ新たに規制を加えることを大筋合意しました。

国から発電の認定を受けてから半年以内に土地と設備と確保しない事業者に対しては、認定を取り消すという規制内容です。

電力の買取価格が高額なうちに発電の認定だけを受け、設備の値下がりを待っている事業者が多いと見られることが理由です。

この新規制は50キロワット以上の発電能力をもつ事業者が対象であり、2014年4月に導入される予定です。

ページトップへ戻る

農業委員会が耕作放棄地監視へ分割《2014年5月9日 日本経済新聞》

政府の規制改革会議が農業委員会の新たな改革案を検討しています。

農業委員会を、農地をパトロールして耕作放棄地になっていないか監視する組織と、農地転用に関する業務を担う組織に分割するという案です。

規制会議の農業の作業部会で6月を目処に改革案を纏めるようです。この案は農業委員会内での役割を絞り込むことで、業務に集中的に取り組めるようにするのが狙いのようです。

ページトップへ戻る

農地向け太陽光設備《2014年8月25日 日本経済新聞》

酒類販売を手掛けるルネサンス・プロジェクト(福岡市)は、農地向け太陽光発電設備の全国販売を始めます。

同社はミツウロコグループホールディングスと提携し、その代理店網を活用する方針です。
太陽光発電設備の設計などはルネサンス・プロジェクトの農業生産法人であるルネサンス・エコファーム(山口県)が手掛けます。エコファームはすでに250kwの営農型太陽光発電を運用しており、そのノウハウを生かします。

レタスや水菜、ハーブ類などは営農型太陽光発電の下部農地でも育てやすいとされるため、エコファームは農家に栽培法もアドバイスするそうです。

250kwで総面積2500平方メートルの設備の場合、価格は8000万円程度になる見通し。投資費用は10年程度で回収可能といいます。

ページトップへ戻る

耕作放棄地の課税強化《2014年9月10日 日本経済新聞》

政府は、農地中間管理機構(農地バンク)に農地を貸した農家の固定資産税をゼロにし、耕作放棄地の固定資産税を2~3倍に引き上げる税制改革を検討します。
耕作放棄地や点在農地の集約を加速し、農地バンクの活用を促進することが目的です。

農水省は2015年度予算の概算要求でも、農地バンク関連予算を2014年度の約2倍にすることを示しており、意気込みが感じられます。

これに対し、現在の実情は・・・というと、都道府県によっては、農地バンクに農地の賃借を求める声が多く寄せられているようで、兵庫県や宮城県では想定を上回る賃借希望者が現れているとのことです。
上記の税制改革が実現した場合は、農地バンクを経由して、さらに農地の賃貸借や集約が進んでいくことと思われます。

ページトップへ戻る

太陽光の売電価格 見直し《2015年1月16日 日本経済新聞》

経済産業省は、再生可能エネルギーの買い取り価格を見直す議論を始めました。
太陽光発電の買取価格を段階的に引き下げる一方、導入が進んでいない地熱、風力、バイオマスといったエネルギーの買い取り価格は据え置いて、普及を促進するという考えのようです。

太陽光発電の買い取り価格は、現在の32円/kw(税抜き)から、20円台後半に下がる方向のようです。
経済産業省は、10kw以上の産業用太陽光について、設備設置の工夫などで発電効率が高まり、利益が増えていることを明らかにしており、これが買い取り価格見直しの一因となっているようです。

ページトップへ戻る

ヤンマーが営農発電に参入《2015年3月14日 日本経済新聞》

ヤンマーが子会社を通じてソーラーシェアリング事業に参入しました。
第1号案件は京都の福知山で900平米の農地に36キロワットの太陽光設備を設置するとのことです。(総工費約1300万円、年間売電収入140万円を想定)

営農部分での作物はニラ、フキを栽培するようです。

関西では、関東と比較するとソーラーシェアリングの普及が遅いようですが、今回のような企業参入により普及の勢いが加速すると思われます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 行政書士 アール法務事務所 All Rights Reserved.