奈良県内の車庫証明・名義変更手続きなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > ローンで購入した自動車の所有権解除について

ローンで購入した自動車の所有権解除について

ローンで購入した自動車の所有権解除について

自動車をローンで購入した場合、その自動車の所有権は購入者ではなく、販売店にあり、車検証にもその旨記載されます。
そして、購入者はローンを完済してはじめて、自動車の所有権を持つことができます。

しかし、ローンを完済したからといって、自動的に自動車の所有権が購入者に移るわけではなく、「所有権解除」という手続きをしてはじめて、所有権が移ることになります。

所有権解除の手続きとしては、まず自動車の販売店に、車検証のコピー、自動車税の納税証明書、ローンの完済を証明する書面、印鑑証明書(状況により、その他の書類が必要になる場合もあります)を提出すると、販売店から譲渡証明書、委任状などの所有権解除に必要な書類を受け取ることができます。

販売店から受け取った書類があれば、あとは通常の移転登録と同じ手続きで自動車の所有権を移すことができます。

なお、購入者以外の第三者に直接、所有権を移すことも可能です。その際は、第三者の自動車保管場所において車庫証明書を取得しておく必要があります。

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.