奈良県内の車庫証明・名義変更手続きなら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 自動車取得税について

自動車取得税について

自動車取得税について

自動車取得税とは、売買や譲渡によって自動車を取得した場合に課税される税金です。

税金の額は税事務所で備えられている「課税標準基準額」および「残価率」を用いて計算されます。
課税標準基準額とは、自動車の車種や年式、グレードなどによって定められている額で、新車価格の90%程度となっています。
残価率とは、新車時からの経過年数によって定められた掛け率のことです。残価率表はこちら

《自動車取得税の計算式》
課税標準基準額×残価率=取得価額(千円未満は切り捨て)
取得価額×5%=自動車取得税

上記のように、課税標準基準額と残価率から「取得価額」という額を算出し、それに5%を掛けたものが、自動車取得税となります。つまり、自動車を取得した時に実際に支払った金額は関係がないことになります(無償で自動車を取得しても取得税が発生する場合があるということです)。

※取得価額が50万円以下となった場合は、自動車取得税は非課税となりますので、新車価格が500万円程度の自動車でも、年式が古い場合は取得税が課税されない場合もあります。
※一定の基準を満たしている低公害車や低燃費車は税率が下がる場合があります。
※ローンの完済や、相続による取得には課税されません。
※障害者の方が取得する場合や、障害者の方の通院などに使用される自動車については取得税が減免される場合があります。

ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.