古物商の許可申請なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 古物商における行商とは

古物商における行商とは

古物商における行商について

古物商

古物商の方が、催し物会場に出店したり、取引の相手先の居所まで出向いて取引する場合など、営業所以外の場所で古物営業を行う場合は、行商するということで古物商許可を取得しなければなりません。

行商するかどうかは、古物商許可の申請書に記載欄があるので、該当するほうに印をつけるだけでOKです。
もし、行商しないという内容で許可を取得した方は、行商するための変更申請をすれば行商できるようになります。

なお、古物商の方が、営業所もしくは取引の相手先の居所以外の場所において、古物商以外の方から古物を受け取ることは禁止されていますのでご注意ください。

また、実際に行商に従事する方(従業員など)は、「行商従業者証」というものを携帯する義務があります。
(個人事業主の方が御自身で行商に従事する場合は、古物商の許可証そのものを携帯する必要があります。)

行商従業者証は、材質や大きさなどが決まっているため、御自身で作成されるのは難しいかと思われます。最近は、ネットショップで「行商従業者証」を作成してくれるところもあります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.