公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 公正証書遺言書 作成の流れ

公正証書遺言書 作成の流れ(概略)flow

1.遺言の内容を考え、下書きする

下書き

まずは、ご自身の財産を誰に、どれだけ相続させるのか、もしくは相続人以外の誰かに遺贈するのかを決めるところから始まります。

この段階では、とりあえずご自身の素直な気持ちに沿って、どの財産を誰に託すのかを決定すれば良いと思われます。もし、間違っている場合や、法律的に不可能な内容がある場合は、公証人との打ち合わせの段階で修正ができるからです。

なお、お金を借りているなどの債務がある場合、それを誰が負担するのかを決めることも可能です。(ただし、債権者に対してその内容を主張することはできません)

遺言の内容が決まったら、それをメモに残しておきましょう。公証人との打ち合わせをスムーズに進めることができます。

ページトップへ戻る

2.遺言の内容について公証人と打合せをする

打ち合わせ

遺言の内容を決めたら、公証人にその内容を伝えて、チェックを含めた打ち合わせを行います。

曖昧な表現の訂正はもちろんのこと、遺言として遺しても無意味な内容(例えば、会社の代表者が会社の財産について遺言したり、葬式の喪主を指定するなど)の削除など、確実に遺言として成立させるための作業を行います。

この打ち合わせは綿密に行われるため、通常で3~4回程度、公証役場に赴く必要があります。また、打ち合わせは法律用語を交えて行われるため、法律知識が全く無い状態であれば、打ち合わせが長引く可能性があります。

ページトップへ戻る

3.必要書類を収集する

書類の収集

遺言の文面が確定すると、次は遺言の内容を裏付ける書類の収集を行います。

例えば、遺言者と相続人の関係が分かる戸籍謄本や、遺贈する場合は財産を受け取る人の実在と所在が分かる住民票、遺産に不動産がある場合は登記簿謄本や固定資産評価証明などです。
これらはあくまで一般的な必要書類であり、これら以外にも公証人から求められる資料があります。

不動産の登記簿などは比較的簡単に入手できますが、相続人の戸籍謄本は同じ戸籍に入っている人、住民票は同世帯の方でしか入手できず、第三者が入手するには本人の委任状が必要になるので、事前に準備しておいた方がよいでしょう。

ページトップへ戻る

4.公証役場で遺言書を作成する

遺言書の作成

遺言の文面が確定し、必要書類が揃えば、いよいよ公証役場にて遺言書を作成します。

まず、公証人および同席してもらう証人2名の予定を取り、公証役場に集合してもらいます。
当日、遺言者は遺言の内容を口頭で公証人に言い伝えます(下書きを見ながらでOKです)。そして公証人はその内容を所定の用紙に記載します。
遺言の内容を全て伝え終えると、公証人は、書き取った内容を遺言者および証人に読み聞かせます。(もしくは、閲覧させます)
遺言者と証人は、公証人の書き取った内容に間違いが無いことを確認し、各自この遺言書に署名と押印をします。
その後、公証人が法律に定められた方法に従ってこの遺言書を作成したことを付記して、署名および押印をします。

これで、公正証書遺言書の作成は完了です。遺言書の原本は公証役場に保管され、正本が遺言者に渡されます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.