公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 相続人以外の人に遺産を渡すには

相続人以外の人に遺産を渡すには

遺産を相続人以外の人、もしくは法人に渡したい場合、遺言にその旨を記載することによって、相続人以外の第三者が遺産を取得することができます。これを「遺贈」といいます。
遺言に遺贈の内容を書くにあたって、特に守らなければならないルールなどは無いので、誰に、何を渡すのかを明確にすれば大丈夫です。

ただし、相続人には遺留分という、法律で決められた割合の相続財産を取得する権利があるので、遺贈をする場合は遺留分を侵害していないかどうかに注意し、もし遺留分を侵害している場合は相続人が遺留分を主張できる相手を指定しておくなどの工夫をしておくと良いでしょう。

また、遺贈には条件や期限をつけることも可能です。
例えば、「誰々に、~~市~~町の土地を遺贈するので、障害者の次男を扶養してほしい」という場合、遺贈を受けた人(法人)は、その不動産の価値の範囲内で扶養する義務を負います。
ただし、財産を受け取る側が遺贈を拒否することもできます。その場合、遺贈しようとしていた財産は受益者(例の場合でいうと次男)が受け取ることになります。

他にも、「A氏が事業を承継した場合は、A氏に事業に必要な全て財産を与える」という条件や、「自分の死後、3年を経過した時にB氏に~~市~~町の土地を遺贈する」といった期限を設定することも可能です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.