公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 遺言書の検認

遺言書の検認

遺言書は、公正証書遺言の場合を除き、法律の定めに従って家庭裁判所で検認をしてもらわなければなりません。

「検認って何?」となるのですが、検認とは遺言書の形式や状態といった遺言書の方式に関する一切の事情を調査して、遺言書の状態を確定するための手続きをいいます。
裁判所で行われる手続きのため、検認が終わると、「これでこの遺言書は有効になった」と思われる方がいらっしゃいますが、検認の手続きは遺言書の有効・無効を決定するものではありません。

検認は、「このような状態の遺言書が存在する」ということを確定する手続きにすぎず、遺言の内容が調査されるわけではないので注意が必要です。

検認は、遺言書の保管者や発見者が相続の開始を知った後、速やかに家庭裁判所に検認手続きを申請しなければなりません。検認手続きを怠った場合、5万円以下の過料に処せられる場合があります。

このことを考慮すると、公正証書遺言書は検認手続きが不要な遺言方法であるため、遺されたご家族の負担が軽減され、また、検認のことを知らずに遺言の内容を執行し、過料の制裁を受けるというリスクも無くすことができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.