公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 遺言による信託

遺言による信託

信託とは、簡単に言うと、自分の財産や権利を「信」じることができる人に「託」し、その財産や権利を管理したり処分したりすることをお願いすることをいいます。
例えば、自分(委託者)が持っている土地を、信じることができる人(受託者)に託し、受託者はその土地にビルを建築・管理して賃料収入を委託者に渡し、受託者は委託者から手数料を受け取るという形態があります。

そして、このような信託制度を、遺言においても利用することができます。
残される家族の生活費や学費を確保する目的や、墓地の管理費のために利用されることが多いといわれます。

遺言によって信託する場合は、信託の目的、信託する財産、受益者、受託者、信託する期間などを遺言書に記載する必要があります。(受益者とは、信託によって発生する利益を享受する者をいいます)

受託者については、財産管理能力に優れた信頼できる人物にお願いしたほうが良いと思われますが、遺言による受託者の指定は法的拘束力が無いため、受託者が受託を拒否することもできます。その場合、最終的には裁判所が受託者を選任することになります。

よって、受託者を特定の人物に依頼したい場合は、生前において受託者と信託契約を交わしておいた方がよいでしょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.