公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 自筆証書遺言書・秘密証書遺言書

自筆証書遺言書・秘密証書遺言書

1.自筆証書遺言書とは

自筆証書遺言書とは、遺言者がその全文、日付、氏名を自書し、押印することによって作成する遺言書です。

自筆証書遺言書の長所としては、遺言者単独で作成が可能であること、費用が掛からないこと、遺言の存在を秘密にできることなどが挙げられます。
他方、短所としては、遺言書の紛失や保管場所を失念すること、方式に不備があれば無効になること、偽造・変造の危険性があること、文言によっては解釈に問題が生じることなどがあります。

自筆証書遺言書は、文字通り、自筆によることが要求されており、パソコン等による作成は認められません。

氏名については、氏または名のみの記載でもよく、戸籍上の氏名ではない通称やペンネームでも有効であるという判例があります。

印鑑については、特に指定は無く、指印でもよいとされています。

日付については、年月日が明確に記載されていなければなりません。例えば、「平成何年何月吉日」といった曖昧な表現は認められません。なぜなら、遺言書が複数存在し、その内容が異なる場合、後の日付で書かれた遺言の内容が優先されるため、日付が非常に重要になるからです。

遺言書に加除、変更を加えるためには、その場所を指示し、これを変更した旨を付記してその部分に署名・押印する必要があります。

また、遺言者が亡くなられ、自筆証書遺言書の内容を実現する際は、家庭裁判所による検認を受けなければなりません。

ページトップへ戻る

2.秘密証書遺言書とは

秘密証書遺言書とは、遺言者が作成した遺言の内容を秘密にしたまま保管したい場合に用いる遺言書です。

秘密証書遺言書の長所としては、遺言書の存在については明らかにしつつ、内容を他社に秘密にして保管できることや、自書ができなくても作成できることが挙げられます。
他方、短所としては、遺言書の紛失や保管場所を失念すること(公証役場では保管されません)、遺言書を封印する段階以前で方式に不備があれば無効になること、遺言の文言によっては解釈に問題が生じることなどがあります。

秘密証書遺言書の作成手順は、まず遺言者が作成した遺言書に署名・押印し、封筒に入れて、遺言書と同じ印鑑で封印します。
その後、公証役場にて手数料11,000円(一律)を支払い、公証人および証人2人同席のもと封書を提出して、必要事項を申述すると、公証人がその必要事項を封書に記載し、最後に遺言者と証人が封書に署名押印することで完成します。

秘密証書遺言は自筆証書遺言と違って、自筆する必要はありません。パソコン作成や、第三者による代筆でも可能です。

日付についても自筆証書遺言と違って、年月日を遺言書に記載する必要はありません。なぜなら、公証人が封書に日付を記載するので、この日付が遺言作成日となり、遺言内容が抵触する複数の遺言書が存在する場合の前後関係を判断することになるからです。

なお、遺言書に加除、変更を加えるためには、その場所を指示し、これを変更した旨を付記してその部分に署名・押印する必要があります。

また、遺言者が亡くなられ、秘密証書遺言書の内容を実現する際は、家庭裁判所による検認を受けなければなりません。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.