公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
公正証書遺言は、安心です。

公正証書遺言の作成は、当事務所にお任せくださいWelcome to Our Site

なぜ、公正証書遺言書が良いのか?merit

サンプルイメージ

遺言書には特別な場合を除き、大きく分けて、「自筆証書遺言書」、「秘密証書遺言書」、「公正証書遺言書」の3種類があります。

まず、「自筆証書遺言書」ですが、これは文字通り、遺言を遺す方が御自身で作成する遺言書です。

思い立った時に、紙とペンを使って遺言の内容を書いていくという、最も簡単な方法で費用も掛からないスタイルの遺言書ですが、この自筆証書遺言書には色々と問題点があります。
というのも、遺言書には書き方に一定のルールがあり、そのルールから外れた遺言書は無効、つまり存在しないものとして扱われてしまうのです。
例えば、日付の記載の無い遺言書や、プリントアウトして氏名だけ自署した遺言書は、それだけで無効となってしまいます。

また、自筆証書遺言においては当然ながら、遺言者ご自身にて保管することになります。ですから、保管場所の失念や紛失はよくある話であり、折角の遺言も相続人に伝わらないままとなってしまいます。

次に、「秘密証書遺言書」ですが、これは遺言者が御自信で作成した遺言書を封書にして、公証役場にて公証人および証人に署名押印してもらうことで成立する遺言書です。

遺言者が個人的な理由などで、遺言の内容を生前中は秘密にしておきたい場合に用いられるスタイルですが、この遺言書も作成自体はご自身によるため、書き方のルールから外れると無効として扱われます。
また、公証役場では、秘密証書遺言書を作成したことだけが記録されるだけで、遺言書はご自身にて保管することになるため、自筆証書遺言と同じ保管の問題点を抱えることになります。

そこでお勧めなのが、「公正証書遺言書」です。

公正証書遺言書は、予め公証人と遺言の内容について打ち合わせをし、遺言の内容が法律上問題ないことを確認した後、遺言者が公証役場にて公証人と証人同席の下、口頭で遺言内容を述べ、その内容を公証人が書き留めます。
つまり、公証人によって内容確認された遺言が、公証人の手によって書き方のルールを外れることなく作成されるのです。
また、作成された遺言書は、その原本が公証役場に保管されるので、失念や紛失の心配がありません

このように、公正証書遺言書は、確実に遺言を遺したい方にとって非常に有効な方法と言えます。
公証人の手数料は発生しますが、例えばある相続人の相続価額を3,000万円とした場合、手数料は2万3,000円であり、相続価額の0.1%以下です。

当事務所は、公正証書遺言書の作成サポートを専門としております。公正証書遺言の作成をご検討中の方や、作成のサポートをご希望の方は、お気軽にお問合せください。

Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.