公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 遺言の執行について

遺言の執行

1.遺言の執行について

遺言書に書いておいて、実際に効力を生じる事項(遺言事項)の中には、遺言者が亡くなられた時点で自動的に実現される事項と、一定の手続きを踏まないと実現されない事項があります。
この手続きを実行することを「遺言の執行」と言い、実際に手続きをする人のことを「遺言執行者」といいます。

【遺言の執行が必要な事項】
<推定相続人の廃除、または取り消し>
相続人の廃除または廃除の取り消しは、家庭裁判所に申し立てる必要があります。

<遺贈>
第三者に財産を移転する必要があります。

<一般財団法人の設立>
法人を設立するための手続き一式が必要になります。

<信託の設定>
受託者に信託内容を実行してもらう必要があります。

<認知>
子供の認知は、市町村に届出をする必要があります。

<祭祀承継者の指定>

ページトップへ戻る

2.遺言執行者について

遺言執行者とは、遺言に書かれている内容で、一定の手続きをしないとその内容が法律上実現しない場合、その手続きを執行する者をいいます。
例えば、相続人を廃除する場合は家庭裁判所に申し立てる必要がありますし、子供を認知する場合は市町村に届出をしなければなりません。

遺言執行者は、遺言者が遺言で指定することができますし、遺言の中で遺言執行者の決定を第三者にお願いしておくということもできます。

ただし、遺言執行者はだれでもOKというわけではなく、未成年者と破産者は執行者になることができません。もしこれらの者を執行者に指定した場合は無効として扱われるので注意が必要です。

なお、遺言執行者には相続財産の管理および遺言の執行に必要な一切の行為をする権利と義務が生じます。よって遺言執行者を指定する場合は信頼でき、かつ法律知識を有する人物を選ぶべきでしょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.