公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 遺言の撤回・内容の変更について

遺言の撤回・内容の変更

1.遺言の撤回

遺言書の内容を撤回したい場合は、撤回したい内容を盛り込んだ新しい遺言書を作れば、新しい遺言書と古い遺言書の内容が異なる部分についてのみ、古い遺言書の内容を撤回したことになります。

この方法は、公証人や証人が関与した「秘密証書遺言書」や「公正証書遺言書」であってもOKです。

また、秘密証書遺言書は秘密証書遺言書で、公正証書遺言書は公正証書遺言書で撤回しなければならないわけではありません。これらの遺言書を自筆証書遺言書で撤回することも可能です。

ただ、自筆証書遺言書は無効になる危険性がありますので、確実に撤回したい場合は公正証書遺言書で撤回するほうがよいでしょう。

ページトップへ戻る

2.遺言の内容変更について

遺言書の内容を変更したい場合は、変更したい内容を盛り込んだ新しい遺言書を作れば、古い遺言書で変更された部分の内容が撤回され、新しい遺言書の内容が効力を有することになります。
古い遺言の一部分を変更したい場合は、その部分のみを変更する旨を記載した新しい遺言書を作成し、全部を変更したい場合は、全部を変更する旨を記載した新しい遺言書を作成することになります。

この方法は、公証人や証人が関与した「秘密証書遺言書」や「公正証書遺言書」であっても可能です。

また、秘密証書遺言書は秘密証書遺言書で、公正証書遺言書は公正証書遺言書で変更しなければならないわけではありません。これらの遺言書を自筆証書遺言書で変更することも可能です。

ただ、自筆証書遺言書は無効になる危険性がありますので、確実に変更したい場合は公正証書遺言書で変更するほうがよいでしょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.