公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 相続時清算課税について

相続時清算課税について

相続時清算課税とは、財産を贈与しようとする者(贈与者)の推定相続人(直系卑属に限る)が、贈与者から財産を取得した時に、通常よりも低額の贈与税を納付し、その後贈与者が死亡して相続が発生した場合に、先ほどの贈与財産を課税価格に加算し、算出された相続税から既に納付した贈与税を差し引くという制度です。

つまり、贈与する時に贈与税が発生しても、相続の時の相続税から贈与税が差し引かれるため、結果的に支払う税金は変わらないということになり、贈与者にとっては生前贈与がしやすくなるというメリットがあります。相続時清算課税のメリットについてはこちら(国税庁)

また、相続時清算課税の適用を受ける贈与については、贈与税の基礎控除である110万円の控除は適用されませんが、贈与税の課税価格から2,500万円または特定贈与者ごとの贈与税の課税価格のいずれか低い金額を控除することができます。

ただし、この制度は贈与者が贈与した年の1月1日時点で65歳以上であること、および贈与を受け取るものが同じ時点で20歳以上であることが条件となります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.