公正証書遺言書の作成なら

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0743-89-1614
トップページ > 相続税は必ず発生する?

相続税は必ず発生する?

相続と聞くと、多くの方が相続税のことを連想されます。
しかし、相続が開始した場合、必ず相続税が発生するかというと、そういうわけではありません。なぜなら、相続税の計算において、「基礎控除額」というものが存在するからです。

基礎控除額とは、
『3,000万円 + 600万円×法定相続人の数』
という計算により算出されます。

相続税は、相続人全員についての相続税の課税価格を計算し、その合計から基礎控除額を差し引いて、金額がプラスになればその金額に税率を掛けて相続税を算出するというものなので、金額がマイナスになる場合は相続税が発生しないことになります。

例えば、相続人全員の課税価格の合計が4,000万円で、相続人が配偶者と子供2人であった場合、基礎控除額の計算としては

3,000万円 + (600万円×3人)=4,800万円

となり、相続人全員の課税価格である4.000万円から差し引くと金額がマイナスになるので、相続税は発生しません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) アール法務事務所 All Rights Reserved.